長く使いたいなら中古よりも新品

近年、ネットブックの普及に伴いノートパソコンの低価格化が進んでいます。新品でも5万円でお釣りが来るモデルや人気のVAIOも10万円以下で買える時代になってきています。じゃあ、中古パソコン買う必要ないのでは?と思いますが、ここで中古パソコンのメリットデメリットを紹介します。中古パソコンにするか新品パソコンにするか悩んでいるなど、購入前の参考になればと思います。

中古パソコンのメリット

中古パソコンのメリットと言えばなんといっても「価格」ですよね。価格は1万円でお釣りがくる激安から10万円を超える新品と変わらないものなど価格はピンきりです。価格が高ければそれだけ性能がいいという事です、10万円とか中古にしては高いな~と思いますが、元は倍以上の価格だったり使用期間が短かったりのものだと考えましょう。

また、メーカ製のものはなによりデザイン性が高いのが魅力。特にノートパソコンに関してはデザインに加え持ち運びしやすい軽量タイプが多いなど、一般向けやビジネス向けのモデルが多いです。昔は20万円していた高性能で人気のモデルなどは中古で半額以下で購入できるのが中古の魅力でもあります。また、初めてパソコンを利用する人などは入門用パソコンに最適だったりします。

旧モデルだとしてもCore 2 Duoの高性能CPUや高精細液晶ディスプレイを搭載しているものも多いため、性能に関しては問題なく使えるでしょう。かといって、高いものを買う必要はありません。購入する前になんのためにパソコンが必要なのか?利用目的によって必要な性能は変わります。価格と一般的な利用目的(インターネット・メールなど)であれば2~4万円の価格帯のものであれば十分かと思います。デスクトップとノートパソコンなら同じ性能でもデスクトップのほうが安いです。ただ、デスクトップの場合は本体のみなのかディスプレイ付きなのかで変わってきます。デスクトップならすでに液晶モニターがある場合を除き、ディスプレイとセットの物のを選ぶのがおすすめです。

中古パソコンのデメリット

中古パソコンの購入に関して、もちろんデメリットもあります。それは、汚れや傷が必ずあるということです。中古ですから以前に使用していた人がいます。普通に使用していれば気づかぬうちに汚れや傷はつくものです。小さい傷や汚れであれば、販売会社が事前に綺麗に掃除はしてくれているため、凝視しないかぎりあまり気にならないでしょう。

ただ、少しの傷や汚れが気になって綺麗な状態じゃないと嫌だと考えている人は中古パソコン購入には向いていません。高額だとしても新品のパソコンを購入することをおすすめします。利用目的にもよりますが、探せば10万円以下で購入できる新品パソコンもあります。

また、使用頻度が多い、または多くなる予定、オンラインゲームをしたい。などの利用目的がある場合も中古パソコンは向いていません。と言うのは、PCパーツの劣化があるからです。使用頻度が少なければ特に問題ありませんが、使用頻度が多かったりすればパソコンの寿命が短くなる可能性があります。新品であればだいたい毎日数時間使用してだいたい5年は持つと言われています。そのため、いくら安くても1~2年辺りで恐らくガタがでてくることが考えられます。オンラインゲームに関しては最新のタイトルにはほぼ対応できない可能性が非常に高いです。FPSやMMOなど3Dゲームは高いスペックが求められるからです。ブラウザゲームなら中古パソコンでもプレイできますが、3Dゲームをプレイしたいと考えているなら新品の売れ筋ゲーミング用PCを購入したほうがいいでしょう。BTOパソコンであればデザインは期待できませんが性能とコスパは期待できるのでおすすめです。